平成25年度第35回素福岡県中学校ラグビーフットボール大会 第3代表決定戦レポート


-平成25年度 第35回福岡県中学生ラグビーフットボール大会-

第3代表決定戦レポート

score.jpg

    試合経過

  前半
 7min ここまで、互いに2度ほど敵陣深く攻め入るが、ミスでチャンスを逃す。
10min 倒れた帆柱のプレイヤーを筑紫丘の選手が踏んだとの判断によりシンビン、筑紫丘の選手が3分間の退場。
12min 筑紫丘が自陣ゴール前から蹴らずにランプレイで突破を試みるが、帆柱が見事にパスをインターセプト、そのままインゴールへ
     駆け抜けてT 5-0 C○7-0。
13min シンビンがあけて選手が戻る。
16min 筑紫丘、自陣から攻めるが抜け出るまでには至らず、できたラックをターンオーバーされ、オープン側で受けた帆柱のCTBが
     インゴールへ 12-0 C○14-0。
20min ヤンのPからタッチキックを選択した筑紫丘、敵陣22m付近のラインアウトからモールをドライブ、ストップ後からサイドをFW
     が突き、3次ほどフェーズを重ねてT 14-5 C○14-7。
21min ハーフタイム

  後半
 7min 筑紫丘 ヤンのPからFWのタップキックでGo、できたモールを押し込み、ストップ後サイドアタック、ラックを二度ほど作り
     FWがねじこむ。 12-14 C○14-14 同点、勝負はここからとなった。
 9min 筑紫丘 敵陣15mのラインアウトで、ボールキャッチからFWがモール作成、そのままグイグイと押し込みT。
     19-14 と逆転 C×19-14
13min 筑紫丘 敵陣5mライン上で得たヤンPからのラインアウト、キャッチ後モール作成と見せかけて、スローイン後
     走り込んできた2番へへパス、そのままインゴールへダイブ 24-14 C○26-14となり、勝負はほぼ決した
     かに思われたが、帆柱もあきらめなかった。
19min 自陣ゴール前でPKを得た帆柱、クイックからから果敢に攻め、右左右とボールが大きく動き数次のラックを
     連取して最後はBKがタッチダウン。19-26 C○21-26
21min 再逆転を目指す帆柱であったが、ここでレフェリーの笛、ノーサイドとなった。

130707juniorthird006.JPG
130707juniorthird037.JPG
130707juniorthird069.JPG
130707juniorthird072.JPG
130707juniorthird117.JPG
130707juniorthird139.JPG
130707juniorthird163.JPG
130707juniorthird169.JPG
130707juniorthird198.JPG
130707juniorthird220.JPG


筑紫丘 主将談話
「九州大会に出場できるようになってうれしいです。
自分たちの一番の強みであるモールプレイを生かせたのが勝因だったと思っています。
タックルもみんながんばりました。
帆柱のディフェンスは、いままでやってきた相手の中で、一番強かったです。
低く走り込んで、突き刺さってくるので、やっかいでした。
九州大会では自分たちの持ち味をしっかり出して、悔いのない戦いをしたいです。
今まで戦ってきたチームの分もがんばります」



                     





Copyright 2010 Junior Rugby Fukuoka All Rights Reserved.